熊本市北区の循環器科,胃腸科,内科,外科,肛門科,
心臓血管外科,リハビリテーション科
大林新地クリニック

〒861-8075
熊本県熊本市北区清水新地7丁目9-22

電話:096-386-3337

胃腸科

胃腸科の病気

食道の病気

症状

胸やけ、げっぷ、酸っぱいものが込み上げる、吐き気、嘔吐、胸の痛み、声が枯れる、のどのつかえ感、長引く咳など

考えられる疾患

食道がん、食道裂孔ヘルニア、逆流性食道炎、胃食道逆流症、食道アカラシアなど

胃の病気

症状

吐き気、嘔吐、食欲の低下、腹痛、腹部の違和感、体重の減少など

考えられる疾患

急性胃炎、慢性胃炎、胃潰瘍、胃がん、胃悪性リンパ腫、機能性ディスペプシアなど

大腸の病気

症状

腹痛、腹部の不快感、便秘、下痢、血便、下血など

考えられる疾患

大腸がん、大腸憩室炎、虚血性大腸炎、潰瘍性大腸炎、クローン病、大腸腺腫、過敏性腸症候群など

肝臓の病気

症状

食欲の低下、浮腫、腹水、黄疸、体のだるさ、肝機能障害など

考えられる疾患

肝臓がん、急性肝炎、B型慢性肝炎、C型慢性肝炎、肝硬変、脂肪肝など

胆のうの病気

症状

右上腹部の痛み、黄疸、褐色尿、便の色が白くなる、食欲の低下、体のだるさなど

考えられる疾患

胆石症、胆のう炎、胆管炎、胆のうポリープ、胆のうがん、胆管がんなど

膵臓の病気

症状

左上腹部の痛み、背部の痛み、吐き気、嘔吐、食欲の低下など

考えられる疾患

急性膵炎、慢性膵炎、膵臓がん、膵のう胞など

肛門の病気

症状

出血、肛門部の痛み、肛門部のかゆみ、肛門から膿や粘液の分泌、肛門の腫瘤など

考えられる疾患

切れ痔、いぼ痔、肛門ポリープ、括約筋不全、直腸脱、肛門がんなど

当院で行える検査について

胃内視鏡検査・大腸内視鏡検査

当院では、食道・胃・十二指腸および直腸・大腸の内視鏡検査をおこなっております。狭帯域光観察NBIのできるオリンパス電子内視鏡を使用し、早期の病変でも検出が可能となっています。大腸内視鏡検査では、ズーム機能が付いた拡大スコープを使用することで詳細な病変の観察が可能です。
患者さまに楽に検査を受けていただく為に、鎮静剤や鎮痛剤の静脈注射を使用して、ウトウトと軽く眠っている状態で、苦痛なく検査ができます。
また、大腸内視鏡の挿入法にも工夫をおこなっております。完全無送気軸保持短縮挿入法(水浸・ストレート法)を採用しています。この方法は、腸管が伸ばされるときの特有な不快な痛みがほとんどないのが特徴です。
検査時には、パルスオキシメーターを用いて、患者さまの呼吸循環系の変化にも細心の注意をはらい検査をおこないます。
院内感染防止のため、オリンパス製の内視鏡自動洗浄消毒装置を導入し、常に高レベルの洗浄・消毒を行っています。

超音波(エコー)検査

当院では、2本のプローブとカラードプラ付超音波断層診断装置を用いて、体表面から肝臓、胆のう、膵臓などの大きさ、形、臓器内部の状態を検査いたします。胆石、胆のうポリープ、脂肪肝、肝のう胞、肝血管腫、膵のう胞などの良性疾患から、胆のうがん、肝臓がん、膵がんなどの悪性腫瘍性の病変を発見することができます。
腸管エコー走査により、大腸憩室炎や急性虫垂炎がないか検査できます。
また、画像ファイリングシステムを導入している為、液晶画面を見ながらしっかりと検査結果のご説明をいたします。

胃腸科疾患の注意点と予防策

胃腸科疾患の予防は、生活習慣を見直すことが大切となります。また、肥満の方ですと、糖尿病や動脈硬化症などの疾患にかかりやすいことは知られていますが、胃腸科系疾患でも、逆流性食道炎や大腸ポリープ、大腸がん、胆石、膵臓がんなどの疾患にかかりやすくなります。運動不足や喫煙をはじめ、飲酒、バランスの悪い食事などの生活習慣を見直すことで胃腸科疾患の発症や、悪化のリスクを減らすことができます。
自覚症状がなく、進行していく疾患もある為、定期的に検査を受けることや、「最近食欲が低下してきた」、「血便が出た」など、少しでも気になる症状があればお気軽にご相談ください。